ブログランキング参加

  • あなたのアトピーもきっと克服できます。1日1回のクリックで一人でも多くのアトピー患者に知らせましょう!

    人気ブログランキングへ
    反映率が低下しています。クリックしたらランキングのページが開ききるまでゆっくり待ってください。途中で閉じたり別のページに移るとポイントがつきません。
    携帯のクリックも有効です!

    余裕があればこちらのクリックもお願いしますね!
    ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
    にほんブログ村

当会の本ご紹介

  • アトピー克服実践マニュアル好評発売中!

おすすめの本

  • 飛んで行け食は決して特殊な食事ではありません。日本人が昔から食べ続けてきた食事法です。そのお陰で日本が長寿国になったと言っても過言ではありません。同じような食事を勧めている本もいろいろ読んでみられることをおすすめします。

潮時カレンダー

仲間になろう!

  • ココログ広場 | @nifty
    ↑このアドレス(URL)から登録してね。
    ★ココログ広場は、自分そっくりのアバターがつくれる無料のコミュニティサービス。
    お庭でまったりガーデニングを楽しんだり、仮想空間でおしゃべりしたり、自分のペースで遊べるよ!

« アトピー、喘息で苦しんでいるみんなに届け! | トップページ | アトピーの治し方を知らなかった頃の自分を納得させる方法 »

2017年6月22日 (木)

未だに「アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患」だと勘違いしているあなたへ

 「アトピーの原因は食生活ですよ」というと「アトピーはアレルギーでしょう!」と取り合おうとしない人も多いですね。
 
 
 アトピー性皮膚炎というと、「アレルギー」と当たり前のように思っている方が未だに多いと思います。
マスコミの報道をみてもそうですし、一般の医師たちもそう決めつけてしまっている方がいまだに多いように思います。
また、話をしてみると分かるのですが、保健センターや学校の先生などアトピーの子供たちと接したり、いろいろと対処したりしないといけない立場の人たちも20年も前の知識のままの方が多いように思います。また「アトピー性皮膚炎」と「食物アレルギー」を混同している人もかなり多いと思います。
 
でも実は今すでに、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを研究、診療している専門家の間では「アトピー性皮膚炎のもともとの原因はアレルギーではない」という考え方が主流になっているのです!
最新の医療情報をよく勉強されている医師の皆さんはよくご存じです。
 
アトピー性皮膚炎が「アレルギー」と思い込まされていた時代から、そうではないのでは?と考え方が変わって行った時代の経緯は
 
このまとめを最初に書いたのは3年ほど前だったと思います。
私は20年前から「アトピーはアレルギーではない!」ということに気づき、オーバーフローモデルを考え付いて、それを伝える活動をしていますが、やっと医師たちもその考えに追いついてくれたかと思ってうれしかったのです。
ところが、その頃でもまだ「一部の医師が提唱しているだけだろう」という感じで、取り合おうとしない方が多かったのです。
 
今まで「アレルギー」と考えるととても不思議なことがたくさんあって、どうしてなのか?と議論になってきたのに、どうして「だからアトピーじゃないんだ」ということに気が付かないのでしょうか?どうして認めようとしないのでしょうか?
そこには、患者目線ではなく、権力争い、既得権争い、もうけ主義、プライドなどなどの匂いがします。
アトピーが治ってもらっては困る人たちがたくさんいるのです。
 
 
でも、Naverまとめにも書いたハニフィン教授の信念に基づく研究の成果で医療界も認めざるを得なくなったのではないかと想像します。
そして日本でも去年の7月にNHKのきょうの健康でやっと「アトピーの始まりはアレルギーではない」ということが公言されました。
 
 
0720_04 「食物アレルギーはアトピー性皮膚炎と合併するケースがよくあります。過去には「食物アレルギーがアトピー性皮膚炎の原因になる」という説が一部にありました。しかしこのケースは実際にはあまりありません。現在では反対に「アトピー性皮膚炎が食物アレルギーの原因になる」という説が有力です。」
 
 
 こう語ったのは「食物アレルギー」の権威のお一人、国立成育医療研究センター 医長 大矢 幸弘氏です。
 
それまでは患者さんでさえ、全く聞く耳を持たない人も多かったですが、このことを話すとやっと納得してくれる人が増えました。
さすがNHKさんですね。
 
そして、この3月には大阪府主催の
大阪府アレルギー疾患講演会「正しく知ってアレルギーと向き合う」 に参加してきました。
その中で
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
小児科 主任部長 亀田 誠 氏の講演
「正しく知ろう!食物アレルギー」の中でも、亀田氏が「どうも食物アレルギーになる前にアトピー性皮膚炎になるというのは本当のようです」と言われていました。(この講演については後日詳し報告します。)
 
 
また、もう一つの講演『もう迷わないで!アトピー性皮膚炎』の中でも
 
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
皮膚科 主任部長 片岡 葉子氏がアトピー性皮膚炎が発症するメカニズムの説明の中で
「ここまではまだアレルギーは関係していませんよ!」と何度も強調されていました。
そして最後に、「食物アレルギーがある人は、アトピーがくすぶっているのだから、まずアトピーを治すことです。」と言われました。
これを聞きながら「あ~ここまでやっと来たのね~」と感無量でしたね。
 
ただ、じゃあどうして防ぐのか?のところはとにかく「スキンケア」とのことで、ステロイド剤をたっぷり塗る方法を話されていました。
 
 
まあ、皮膚科学会もこの方法を思いついたから「アレルギーじゃない」って認めてもいいかとなったのかもしれませんね~
 
 
それはともかく、SNSなどで未だに間違った発言をしている医療関係者、報道陣の皆さんがとても多いです。
アトピーや喘息などの患者はどんどん増加してなんらかの症状を持っている人は国民の半数以上とのデーターもあります。
とても影響力のある皆さんはぜひもっともっと勉強してくださいね。
 
では、ほんとうはどうしたらアトピー性皮膚炎や喘息を克服できるの?
それを直接聞けるチャンスが7月に2回もやってきます!ぜひぜひ聞きに来てくださいね!
 
日時:7月9日(日)10時開演
会場:大阪朝日生命ホール(地下鉄「淀屋橋」)
日時:7月23日(日)
場所:和泉市アイ・あい・ロビー(泉北高速和泉中央駅改札より3分)

人気ブログランキング人気ブログランキングクリックして応援してください。

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。

« アトピー、喘息で苦しんでいるみんなに届け! | トップページ | アトピーの治し方を知らなかった頃の自分を納得させる方法 »

アトピー」カテゴリの記事

アトピー以外の症状」カテゴリの記事

食事・食生活」カテゴリの記事

対外的な働きかけ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552894/65443583

この記事へのトラックバック一覧です: 未だに「アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患」だと勘違いしているあなたへ:

« アトピー、喘息で苦しんでいるみんなに届け! | トップページ | アトピーの治し方を知らなかった頃の自分を納得させる方法 »

当会ホームページ

facebook

  • 勉強会、セミナーなどの情報はこちらをご覧ください

twitterwind

人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

無料ブログはココログ