ブログランキング参加

  • あなたのアトピーもきっと克服できます。1日1回のクリックで一人でも多くのアトピー患者に知らせましょう!

    人気ブログランキングへ
    反映率が低下しています。クリックしたらランキングのページが開ききるまでゆっくり待ってください。途中で閉じたり別のページに移るとポイントがつきません。
    携帯のクリックも有効です!

    余裕があればこちらのクリックもお願いしますね!
    ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
    にほんブログ村

当会の本ご紹介

  • アトピー克服実践マニュアル好評発売中!

おすすめの本

  • 飛んで行け食は決して特殊な食事ではありません。日本人が昔から食べ続けてきた食事法です。そのお陰で日本が長寿国になったと言っても過言ではありません。同じような食事を勧めている本もいろいろ読んでみられることをおすすめします。

潮時カレンダー

仲間になろう!

  • ココログ広場 | @nifty
    ↑このアドレス(URL)から登録してね。
    ★ココログ広場は、自分そっくりのアバターがつくれる無料のコミュニティサービス。
    お庭でまったりガーデニングを楽しんだり、仮想空間でおしゃべりしたり、自分のペースで遊べるよ!

« 図書館での予約 | トップページ | 流通本が不足?? »

2010年3月 3日 (水)

リノール酸の威力

アトピーなんか飛んで行け!の会では、アトピーのオーバーフローモデルを基に、体にいい食生活について説明しています。

 
 そのひとつ植物油については、摂り過ぎもよくないけど、減らしすぎも良くないことを書いています。特に最近リノール酸はアトピーにとっては悪者のように言われることがおおいのですが、この減らし過ぎによる害を受けている人がとても多いように思います。
 我が家では気をつけて適量摂るようにしているのですが、この2年ほど夏はなんともないのに、冬になると肌がかさつくことが多くなって、おかしいなぁと思っていました。
 しかも足りないと思って油を多めに摂ってもあまり効果がなくて。。。
 それが、去年の暮れに何気なく我が家の食用油のパックを見て分かったのです!
なんと混合油だと思い込んでいた食用油が実はなたね油しか入っていないものだったのです。
それまではその食用油と白ゴマ油を混ぜて使っていたのですが、2年ほど前に食用油のセット(体に付きにくいというもの)をお中元で続けてもらって、それを先に消費したくてごま油の購入を控えてしまっていました。
 
 なたね油はオレイン酸が主で、リノール酸は20%くらいしか含まれていません。ごま油や米油の半分です。
なので、いくら摂ってもリノール酸の補給にはなかなかなっていなかったんですね。
 その後あわてて白ごま油を購入。お陰で肌がつるつるに戻ってきました。
やっぱりリノール酸の威力はすごいなぁ。
白ごま油はなかなか普通のスーパーでは見かけないんですよね。なのでネットで購入するのも一案だと思います。

リノール酸の威力Part2へ

 アトピーなんか飛んで行け! 
アトピー克服実践マニュアルの詳細・購入はこちら

« 図書館での予約 | トップページ | 流通本が不足?? »

アトピー」カテゴリの記事

食事・食生活」カテゴリの記事

コメント

昨日の夜、アトピーなんか飛んで行け!が手元に届きました。
さっそく今日から飛んで行け食開始です。
これまで息子に痒い思いをさせてきてしまったのは私の責任だ・・と痛感し、本を読むたびに泣けて泣けて仕方がないのですが、これからはこの本を教科書に、頑張っていきたいです!!
読めば読むほど納得、素晴らしい本だと思います。
いずれベストセラーになるのではないか・・と本気で思っています。
周りの友達にも勧めています。

タマさん、コメントありがとうございます。

そうですね。
子どもをアトピーにしてしまったのはお母さんかもしれません。(私も含め)
でも、そのお陰でもっと健康な体を手に入れることもできます。
あまり自分を責めずにがんばりましょう!
応援していますよ。

タマさん 初めまして。
「アトピーなんか飛んで行け!の会」の会員の まきまきと言います。

9年前ネットでこの会を見つけた時
生きることに絶望して
「自分の人生は終わった」とまで思いつめていた娘ですが
この会に出会ったことで
食生活の重要さを 母娘ともども実感し
今 東京で生き生きと生活しています。 

一緒に頑張る仲間が増えて
アトピーで苦しむ人が 少しでも減ってくれたら
とても嬉しいと思います。

これから よろしくお願いします。

お返事くださってありがとうございます。
今までアトピーに良いと言われたものは数多く試してきましたが、一向に良くならず、息子の将来が不安になり、心が打ちのめされているところでした。
本を熟読させていただいて、今はとても心の中がスッキリ、希望に満ちています。
答えはとてもシンプルなものだったんだ・・・というのが実感です。
主人も一年中風邪を引いているような体で、喘息も持っているので、家族皆で健康になりたいと思います。
息子がアトピーの症状で身を持って知らせてくれていなかったら、私はずっとジャンキー食崇拝の人生を送っていたと思います。
オーバーフローモデルを見出してこの本を出版していただいたこと、息子のアトピーがあってこその気づきがたくさんあること、いろいろなことに感謝の気持ちでいっぱいです。
そう、昨夜はじめて作った飛んで行け!おじや、シンプルな味付けなのに本当に美味しくて感激しました!
息子も喜んでモリモリ食べていました。

でもやっぱりリノール酸は摂りすぎない様に気を付けないとね

?さんshine

私は最初「摂り過ぎの害」を考えていましたが、次に減らし過ぎの害があることに気づきました。
もちろん摂り過ぎはだめです。でも、最近は減らし過ぎの人もとても増えていますよ。左の検索フレーズでも老人性乾皮症関連が半分を占めるようになりました。

はじめまして。食事を変えることでアトピーを克服した経験のある30代男です。

個人的経験からくるアトピーに対する素人見解をブログ上で綴っております。私の場合は植物油脂を少しでも採ると数日後に目蓋から汁?がでてきたりするため、植物油脂をあえてとる必要はない!ご飯などから摂取するリノール酸で十分!という主張をしています。

しかし、個人単体からくる経験に基づいているため、極論にすぎるかもしれません。そこでリノール酸の危険を熟知しながらも、プラスの部分にも配慮をなさっているうらら様のご見解を参考としてブログ上で紹介させていただきました。

本来ならば、トラックバックによってお知らせすることかもしれませんが、なぜか送信失敗とでてしまうため、コメントをもってお知らせいたします。

あれるげんさんshine

ブログでの紹介ありがとうございます。
植物油の摂り過ぎによる害は、自分の娘で痛いほど体験していますので、ご主旨はよく分かります。
でも、リノール酸は人間にとっては必ず必要なものです。毎食玄米から摂ってもよいでしょう。でも白米だけだとまかない切れない可能性があります。
そのへんも配慮していただけるとうれしいです。

「米アレルギー」と言われている症状の中に、実はリノール酸を減らし過ぎたために、動物性脂肪型の湿疹が出ているものがあることを、当会の会員さんたちからの経験談で確認しています。こういう場合、リノール酸を摂ると、最初体内の動物性脂肪が排泄されるので、あたかもリノール酸によって湿疹が悪化するように勘違いされがちなんです。しばらく様子を見ながら摂っていくと皆さん落ち着いてきます。

またリノール酸が不足すると、新陳代謝が十分にできず、そのぶんタンパク質も余ってしまうらしく、タンパク質型の湿疹もでます。そのため、主食の米のタンパク質でオーバーフローしてしまうことがあります。
これも、植物性油脂を十分摂ることで、お米も食べられるようになっていかれます。

体に起こっている反応も、見方によって全然解釈が違ってきますね。
あれるげんさんは、冷静に物事を判断される方のようですので、その点もご配慮いただけるとうれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/552894/47715634

この記事へのトラックバック一覧です: リノール酸の威力:

« 図書館での予約 | トップページ | 流通本が不足?? »

当会ホームページ

facebook

  • 勉強会、セミナーなどの情報はこちらをご覧ください

twitterwind

人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

無料ブログはココログ