ブログランキング参加

  • あなたのアトピーもきっと克服できます。1日1回のクリックで一人でも多くのアトピー患者に知らせましょう!

    人気ブログランキングへ
    反映率が低下しています。クリックしたらランキングのページが開ききるまでゆっくり待ってください。途中で閉じたり別のページに移るとポイントがつきません。
    携帯のクリックも有効です!

    余裕があればこちらのクリックもお願いしますね!
    ↓ ↓ ↓
    にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
    にほんブログ村

当会の本ご紹介

  • アトピー克服実践マニュアル好評発売中!

おすすめの本

  • 飛んで行け食は決して特殊な食事ではありません。日本人が昔から食べ続けてきた食事法です。そのお陰で日本が長寿国になったと言っても過言ではありません。同じような食事を勧めている本もいろいろ読んでみられることをおすすめします。

潮時カレンダー

仲間になろう!

  • ココログ広場 | @nifty
    ↑このアドレス(URL)から登録してね。
    ★ココログ広場は、自分そっくりのアバターがつくれる無料のコミュニティサービス。
    お庭でまったりガーデニングを楽しんだり、仮想空間でおしゃべりしたり、自分のペースで遊べるよ!

2017年11月10日 (金)

和泉ボランティア・市民活動フェスタ2017/「アトピー、アレルギーの治し方」&個人相談

 大阪府和泉ボランティア・市民活動フェスタ2017で患者相談会をします。
アトピー、アレルギーを栄養素の摂りすぎ、減らし過ぎというオーバーフローの観点から解説し、どのような食生活をすると克服できるかをお話しします。
 
また、ちょいず「アトピー・喘息の食事改善プログラム」に挑戦中の方たちの応援相談会を13:00~14:00までします。
気になること、困ったことなどあれば、ぜひお越しください。
また、他の頑張っている仲間との情報交換もして、励みにしていただければと思います。
その他の時間は随時個人相談を受け付けます。
個人相談希望の方は、1週間分の食事日誌をご持参ください。
 
また、呼気NOの測定もご希望があれば実施します。
7月から20人以上を測定し、かなりの手ごたえを感じています。
実際に数値に現れると、やる気にもつながると好評です。
 
 和泉ボランティア・市民活動フェスタ2017は、当会が日ごろ活動の拠点としている和泉市アイ・あい・ロビー主催のボランティアフェスティバルです。フェスティバルは朝11:00からステージ発表や子どもが楽しめるイベントが満載です。
当会もブースでアトピー個人相談を行います。
(13:00~14:00のプログラム応援相談会の時間は除きます)
また、お土産もたくさんもらえます。是非皆さんお越しください。
日時:11月12日(日)11:00~15:00
場所:和泉市エコール和泉中央 アムゼモール


人気ブログランキングクリックして応援してください。

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。

2017年10月21日 (土)

 脚気の原因をめぐる対立~プライドが招いた悲劇(1)

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿「ビタミン×戦争×森鴎外」
出演 : 吉川晃司 、仲野徹 、佐々木敏 司会 : 武内陶子
6月29日木曜 NHKBSプレミアム: 午後10時00分~ 午後11時00分
 
録画していたのをやっと見ました。とても興味深かったです。
この日は有名な脚気の原因をめぐる対立についてでした。
「科学史に埋もれた闇の事件簿。今回取り上げるのは、ビタミン発見にいたる知られざる物語。生命を維持するために不可欠な栄養素「ビタミン」。20世紀初頭まで未知の存在だったビタミンに、日本の科学者たちが世界に先駆けて肉薄していた! きっかけは、当時、結核と並んで恐れられていた原因不明の国民病「かっけ」。中でも苦しめられていたのが軍隊だ。ところが陸軍軍医だった森林太郎(森鴎外)ら科学界のエリートたちが…。」
 
見逃した方のために簡単にまとめてみます。
***************************************
1884年(明治17年)8月3日
不思議な事件が報じられた
広島から上京した藤本新太18歳、知人を訪ねる途中突然路上で倒れた。
激しく苦しみ、病院へ搬送されたが死亡した。原因は「脚気」
脚気は神経の病。足がむくみ、進行すると極端に衰弱し、急性心不全で死に至る。
 
脚気は明治になり全国的に大流行。
年間3万人が死亡し、結核と並ぶ国民病として恐れられた。
特に軍隊では深刻で、多い時には兵士の4割が脚気を患った。
 
脚気の原因はビタミンB1の欠乏
当時軍隊では兵士の食事に白米を支給。ビタミンB1がほとんど含まれていなかった。
ビタミンB1がないと、炭水化物をエネルギーに変えることができない。
体がだんだんと弱っていき、死に至る。
 
明治時代、炭水化物、脂質、タンパク質はすでに知られていたが、ビタミンはまだ知られていなかった。
そのため、脚気は原因不明とされ、いろいろな説が流布した。
 
・脚気細菌説
来日したドイツ人医師ベルツらが提唱。主食が白米ではないヨーロッパには脚気がない。主張は憶測に過ぎなかった。
ベルツが東京医学校で指導していたこともあり、東大出身者を中心にこの細菌説が強く信じられた。
 
1884年陸軍軍医 森林太郎(文豪 森鴎外の別の顔)は陸軍の特命を受け、脚気の原因を研究するためドイツに向かった。
森は島根県の医師の家に生まれ、幼いころから数か国語を習得し、現在の東京大学を19歳で卒業したエリート中のエリートだった。
そのころドイツでは医学の革命が起きていた。それは「細菌学」
ロベルト・コッホが1876年 炭そ菌 、1882年結核菌、1884年にはコレラ菌を発見した。
そのコッホの下で森は細菌学を学んだ。
 
これにより、森は「病気がきちっと目に見えるもので説明できるようになって、よくわからない方法ではなく、合理的根拠のある方法で国民の衛生状態、健康状態を保てるという意識を持ったと思われる」
 
・脚気栄養欠陥説
一方海軍でも脚気に苦しんでいた。
1983年軍艦龍驤(りゅうじょう)で乗組員367名のうち169名が脚気にかかり、25名が死亡。航行不能となる事件が起きた。
これに立ち向かったのは海軍軍医 高木兼寛。薩摩藩の下級武士出身。
高木は脚気の原因は細菌とは全く違うと考えていた。
その根拠は、イギリス留学時代に出会った疫学だった。
疫学は病気の分布などをもとに有効な対策を導く学問。(ロンドンで大流行したコレラを疫学で鎮圧)
兵士が脚気にかかる条件を徹底的に探り、2年後「栄養の偏りが原因ではないか」との結論に達した。
白米ばかり食べ、おかずをおろそかにする兵士に患者が多かったからだ。
 
高木は「栄養素が偏っていると病気になるかもしれない」という考え方を初めて提出した人
「食べ物と病気の関係を栄養素のレベルで世界で初めて考えた」
 
高木は軍艦丸ごと使った壮大な実験に着手した
軍艦筑波の乗組員333人の食事を白米中心の日本食から、パンと肉中心の洋食に変更した。
脚気被害出した軍艦龍驤と同じ航路をたどり、脚気の発生率を比べる。
大規模な比較実験だ。
出発して8か月後、目的地ハワイについた筑波では脚気患者は1名もいなかった。
高木は食事によって世界で初めて脚気の予防に成功した。
そして、日本人が食べなれないパンに代わって、大麦や裸麦を加えた麦飯を導入。
海軍から脚気を一掃した。
1886年高木は「脚気の原因と予防について」という論文を英語で発表した。
白米に偏った食事では炭水化物が多くなり、タンパク質が不足するが、麦飯中心の食事は
炭水化物に加えタンパク質を多く含むと主張した。
脚気の原因は栄養バランスが崩れることだと考えた。
 
(つづく)
mapleclovermapleclovermapleclovermapleclovermapleclovermapleclovermapleclovermapleclovermapleclovermapleclover
私も高木氏と同じ手法でアトピーの原因を追究してきました。
私の大先輩に当たるのだなと思うと感慨深いものがあります。
アトピー・喘息の食事改善3か月プログラム第二弾も新たに始まることになりました!
また毎月の応援交流会をするつもりです。
この機会に、ご自分のアトピーの原因を確定して、食生活の改善に挑戦しませんか?
 
お申込みお待ちしています。
Atondeke@nifty.comA(最初と最後のAを省いてください)
 
10月28日(土)
ランチ交流会12:00~14:00 天王寺
検査(藤井寺市 ふきのクリニック)15:00~16:00
プログラムの詳細はこちら


人気ブログランキングクリックして応援してください。

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。

2017年10月16日 (月)

食生活改善プログラム第二弾決定!10月28日スタート

7月23日のちょいず講演会から始まったアトピー・喘息食事改善プログラム
最終検査日の10月28日がいよいよ来週末になりました。
 
 
プログラムに参加してくれている友人の子供さんは、毎朝食べていたヨーグルトをやめて朝は和食にして頑張ってくれています。
ヨーグルトを食べると痒くなるのがわかって、食べたがらなくなったそうです。
先日写真を比較すると、だいぶ良くなっているのがわかりました。
 
今までは治っても「子供だから」とか「たまたま治る時期だった」とか言って信用してもらえないことも多かったのですが、
今回は是非血液検査でもその差を証明したいと思います。
 
28日は、ランチ交流会は締め切りましたが、検査のみの方は前日まで受け付けます。
欠席予定の方も是非都合を付けて検査に参加してくださいね。
 
この日は、スペイン在住の方も帰国に合わせて検査に来られることになったので、
3か月プログラム第二弾もこの日から新たに始まることになりました!
また毎月応援交流会をするつもりです。
この機会に、ご自分のアトピーの原因を確定して、食生活の改善に挑戦しませんか?
 
お申込みお待ちしています。
Atondeke@nifty.comA(最初と最後のAを省いてください)
 
10月28日(土)
ランチ交流会12:00~14:00 天王寺
検査(藤井寺市 ふきのクリニック)15:00~16:00


人気ブログランキングクリックして応援してください。

 

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。
 

2017年10月 3日 (火)

いよいよ最終検査日です!―アトピー・喘息食事改善プログラム

アトピー・喘息食事改善プログラム 最終日の10月28日がいよいよ迫ってきました。
 
詳細は参加者の皆さんに個人的にお送りしていますが、こちらでもお知らせしておきます。
 
3か月なので、まだまだ症状の改善は実感されるほどではない方もあるかもしれません。
もう少し良くなってから測定したいと思われる方もあるかもわかりません。
 
でもご本人は実感していなくても、食事の改善を頑張ている方の場合は、
私から見るとかなり良くなっている(湿疹が枯れてきている、肌の色が良くなっている、湿疹のないところの肌の艶が違うなど)ことが今までもよく観察できました。
 
今回はそれを数値として実感できるチャンスです。
そして、数値化することで、方向性も確信をもって進めてもらえると思います。
また、
 
食事の改善がなかなかできず、改善が思わしくない方は、
改善してきた方の話を聞くことで、食事の改善度を上げるモチベーションになるかと思います。
 
是非皆さんとの情報交換もかねて検査にご参加ください。
 
また、今回の検査から新たに3か月食事改善プログラムに挑戦したい方も募集します!
ご希望の方は、メッセージでお申し込みください。
11人測定してみて、かなりピンポイントで分かりやすいと思いました。
遠方からでも来る価値あると思いますよ!
まだまだアトピーに苦しむ方がたくさんあります。
是非このプロジェクトを成功させましょう!
 
 
10月28日(土)
ランチ交流会12:00~14:00 天王寺
検査(ふきのクリニック)15:00~16:00

 

人気ブログランキングクリックして応援してください!

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。
 

2017年10月 2日 (月)

秋口の急な発熱と食事対策

酷暑の夏も終わり、大阪では朝夕は寒いくらいになってきました。
 
 
アトピー患者さんの湿疹の悪化については、
2010年にブログ 秋口の悪化と食事対策 に書いていますので、そちらをご覧ください。
今日はアトピー患者に限らずこの時期に多い急な発熱についてお話しします。
 
朝夕が寒くなるこの時期になると、風邪症状はないけど急に熱が出て幼稚園や学校をお休みする子供が目立ちます。
そういう子に結構共通するのが、お肉や乳製品が好きということです。
 
夏の間は暑いので牛乳やアイスクリームを摂りすぎている子も多いでしょうね。
 
湿疹は出なくても、なんとなく血色が悪かったり、肌が黒かったりします。
最近気になるのは、ひざ頭が黒ずんでいる子供です。
 
こういう子供は、血中の動物性脂肪(飽和脂肪酸)が多いため、血液の粘度が高く血流が悪いので血中の酸素濃度が低くて、そのために黒ずんで見えるのだと思います。
夏の暑い間はなんとか血流も保っていますが、だんだん温度が下がって来ると危険になるため、自ら体温を上げて脂肪を溶かそうとするのでしょう。(本当は、血流が悪いために敵が侵入したと勘違いしているというのが正解かと思います)
 
思い当たる方は、ぜひお肉や乳製品を控えてくださいね!
下記動画を見ていただけるとわかりやすいと思います。
 
アトピーなんか飛んで行け!の会

 

人気ブログランキングクリックして応援してください!

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。
 

2017年9月21日 (木)

食事療法プログラム応援交流会はいよいよ今週末23日です!

以前にも書いた通り、アトピー性皮膚炎・喘息の食事療法研究プロジェクトの一環の食事療法プログラムが7月23日の講演会の日からスタートしました。
 
参加者は講演会を聞いてオーバーフローモデルに納得し、このプロジェクトにも賛同して協力してくださることになった11人です。
 
各検査を受けていただいた後、飛んで行け!食を参考に食の改善に取り組んでいただいています。
そして、3か月後にもう一度検査をして、症状の改善度と栄養状態の改善度とを比較します。
 
1回目の検査結果を見ての私のアドバイスは皆さんにメールで送信してあります。
検査用紙は送れていないので、ぜひそれを見ながらもっと詳しいお話もしたいと思います。
 
11人分の数値を見比べると、なぜアトピーになっているのか、食事療法している人では、なぜなかなか治りきらないのかが透けて見えるようでした。
かなりピンポイントで見えてくるものがあるようです。
この考え方で食事を変えてみて、どのように症状が変化するか、、
とても楽しみです。
 
プログラムに参加していない方も、得るものがたくさんあると思います。
是非ご参加ください!
 
9月23日(土)アイ・あい・ロビー 13:00~15:00
10月28日(土)
ランチ交流会12:00~14:00 天王寺予定
検査(ふきのクリニック)15:00~16:00

 

人気ブログランキングクリックして応援してください!
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。

2017年9月19日 (火)

「だって美味しいんだもの!」と屈託なく笑う森公美子さんは好きだったけど。。

あまりテレビの地上波(特にバラエティ)を見なくなって久しいので、遅れていたらすみません。
 
以前「徹子の部屋」に出演した森公美子さんが、高校時代に運動部を引退したのに、食べる量が減らなかったためにどんどん太りだし、今の体型になってしまったという話をしていました。
 
そして、徹子さんに「食べる量を減らしたら?」と言われると「だっておいしいんだもの!」とがははと屈託なく笑っていたのです。
カロリーを摂りすぎたからこんな体型になってしまったと自覚していて、なおかつそれでもおいしいものは食べたいのだからそれでいいと思っているのなら、それはご本人の選択です。
私はとても好感を持ちました。
 
ところが、
2011年9月5日放送のNHK「あさイチ」、アトピー性皮膚炎は、簡単ケアで劇的改善ができる
 
に出演されていた森公美子さんは、違っていました。
肥満に関しては相変わらず大らかに話されていましたが、突然「実は私もアトピー性皮膚炎と診断されたんです」と悲痛な表情で告白されたのです。(ちょっと待ってよ~~)
 
でも、一般的には肥満は食べ過ぎで起きるもの、アトピーは体質、遺伝、環境などが原因と言われているのですから、仕方のないことではありますね。
 
「インターネット日記」というブログにこの番組内容が詳しく報告されていたので引用させていただきます。
 
「難治といわれるアトピー性皮膚炎は、簡単ケアで劇的改善ができるという内容でした。
 
医学的監修は、国立成育医療研究センターのアレルギー科医長、大矢幸弘医師でした。
 
現在、アトピー性皮膚炎は真の原因が分からず、年々患者は増える傾向にあり、国の調査では、何と国民の1割がアトピーだということです。
 
子供だけでなく、成人でも突然に発症することがあり、薬を飲み続けても効果がないという人も非常に沢山います。
 
番組ゲストの森公美子さんもアトピー性皮膚炎だそうです。
 
番組では、「最新研究」に基づき、ごく簡単なケアをすると、子供のアトピーがスベスベの肌に変わり、かゆみが全くなくなり、成人のケースで十数年も苦しんだ手の平・足の裏のひどい皮膚炎が、わずか9日間できれいになった例をげ、”アトピー性皮膚炎はもう治すことができる”とアピールしていました。
 
さて、この「最新研究」ですが、それは5年前に海外の研究論文に発表された「フィラグリン」というタンパク質に関するものです。
 
人間の皮膚の最表面には角層というものがあります。ここは外界の刺激物から皮膚を保護するバリア機能をもっています。そして角層を守っているのが、「フィラグリン」というタンパク質。ところがこれに異変が起こると、角層が崩れて外界の刺激物(抗原物質)が皮膚の中へと侵入し、皮膚炎を起こします。
 
それがアトピー性皮膚炎の状態だということです。
 
痒いからと掻くと、角層はますます崩れて、皮膚炎は悪化してしまいます。
 
日本人のアトピー性皮膚炎の27%にこの「フィラグリン」の異変があるとされて
います。」
 
「番組では、5歳の女の子と、40歳男性のアトピー(手の平と足の裏に酷い症状)を番組紹介のスキンケアとステロイド薬で治療した結果、どちらも症状が劇的に改善しました。
 
男性の場合は、東京逓信病院(アトピー治療に定評)で治療を受け、わずか9日間で改善してしまいました。」
 
とある通り、結局ステロイド剤をたっぷり使うことで症状が抑えられるという話で終わりました。
2011年の時点でも、アトピーは「バリア機能の低下で起こる」ということが言われ出していました。
そして、番組の5年も前に発見された「フィラグリン」についても言及されています。でも、それから6年経った今でもフィラグリンに対する対策法が確立したなど聞いたこともありません。
結局はステロイドによる対症療法をしているだけなのです。
 
一方森公美子さんは、この放送後一大決心をしてダイエットに挑戦されたようです。
そして「なんとか呼吸法」で痩せたように言われているけど
「2人で、話した話しの中に呼吸で痩せたらノーベル賞だよね…って話しになりました」と、微妙な言い回しながら否定的なニュアンスのコメント。
あくまでも痩せたのは食事制限と運動であることを強調し、「そんなに簡単に痩せませんから、、努力、努力ですよ!! 1週間の内800カロリー以下の日を1日〜2日作るだけで、体に良いって本を読んでます」と、ダイエットの参考にしている方法を明かした。」
 
とのことです。
そして、
【痩せた以外の効果】として
肌がきれいになった
姿勢がよくなり身長が高くなった
健康診断で要注意だった肝機能などを計る血液検査の値が正常値に!
既製の服が着れるようになった
 
と言われています。
そう、肌もきれいになるんですよね。見事に実践してくれています。
 
でも、最近のブログを覗いてみると、
 
あらあら、これではきっとアトピーも克服できていないだろうな~~と思いました。
それでもいいのです。
ただし、これからは「だって美味しいからアトピーも治らないの!」と屈託なく笑っていただきたいと切に願います。
 


人気ブログランキングクリックして応援してください!

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村クリックして応援してください。 
 

«動画 「食養生でなぜアトピー性皮膚炎が治るのか」

当会ホームページ

facebook

  • 勉強会、セミナーなどの情報はこちらをご覧ください

twitterwind

人気ブログランキング

にほんブログ村ランキング

無料ブログはココログ